制作日記 油屋42

久しぶりの油屋製作です。
最近は、不思議の町を作って気分転換していました。
というのは、右外塀の製作意欲がなかなか湧かなかったからです。
右外塀は、たくさんのパーツを組み合わせなければならず、出来上がりもかなり大きなものになります。
さらに塀と塀の角が沢山あります。
正確に直角を出さないと、見苦しいものになってしまいます。
なんとなく、気分が乗らなかったのはこういった理由からです。

そう言っても始まらないので覚悟を決めて作ってみました。
懸念材料だった角には三角定規をしっかりと当て、糊が乾燥するまでしっかり固定しておきました。
画像

なんとか綺麗な直角が出せたと思います。

一難去ってまた一難!
これを本体に接着するのが緊張します!
小さなパーツは緊張せずに接着できるのですが、大きなパーツは位置がずれないように5本の指全てを駆使して貼り付けなければなりません。
少しでもずれたり動いたりすると、汚い糊の跡が残ってしまいます。
なんとか、お粗相もなく貼り付けられました。
画像

大きな失敗は避けられました。
気乗りしなかった右外塀は無事終了しました。

最近、ブログ仲間が立て続けに「油屋」を購入しました。
嬉しいことです。
少しは参考にしてもらえるような記事にしなければ...。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック