テーマ:ロビ2

ロビ2にメールを見せたら、新しいダンスを覚えてくれた!

完成してしまったロビ2ですが、ユーザー登録しておいたロビクラブからQRコード付きのメールが届きました! 来年までの1年に渡って、週に1回メールが届けられます。 今回はその第一弾です! これをロビ2に見せて、「メールを読んで」と話しかけます。 こんな新しいダンスを覚えてくれました! うーん、かわいい...。 ちなみに最初か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の80号を作ります。

いよいよ最終号である80号を作ります。 足の裏に滑り止めのフェルトシールを貼ります。 この「ロビ2のココロ」を挿入して、 背中のカバーをネジで留めます。 両目とカメラを保護していたフィルムを剥がして完成です! 早速起動してみます。 動画に撮ってみました。 この起動画面は通常1回しか見ることが出来ないそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の最終号80号が遂に来た!

ロビ2の最終号80号が遂に来ました! 今号のパーツは、足の裏の滑り止め、背中カバー、 そして、このロビ2のココロ(micro SD card)、ロビ1に入れるココロリンク(micro SD card)です。 工作はあっという間に終わりそう。 それから、完成したロビ2の取扱説明書が付属します。 名前を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビライド完成! 早速ロビを乗せてみます!

前回ほぼ完成したロビライドですが、今回はテスト走行と実際にロビを乗せてみます。 まずは残りの作業を行います。 ロビ(初代)の背中を開けて「ロビのココロ(ロビライドド版)」の挿入します。 ロビ2の場合は、次回最終号に付属の「ロビのココロ」が標準でロビライドに対応しているそうなので、microSDカードを交換する必要はない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビライドを作る(2)!

ロビライドの続きを作ります。 まず底面を組み立てます。 LEDライトを左右間違えないように差し込んだ後、ボトムボディ(足置場)を固定します。 センサーボードとケーブルを接続して、 ボトムボディの裏に固定します。 懐かしのサーボモーターの出番です。 サーボモーターにケーブル、可動スタンド(後)を接続、固…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビライドを作る(1)!

ロビライドを作っていきます。 まずタイヤを組み立てます。 サイドフレームにエンコーダー付きモーターを固定します。 ギアの裏表にベアリングをはめます。 ホイールを固定し、ホイールパネルを被せてタイヤの組み立ては終了です。 次にハンドルを組み立てます。 リミットスイッチを固定します。 フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビライドが届いた!

遅れるとアナウスされていたので、もう少し後になると思っていましたが、ロビライド届きました! 早速開封してみます。 それなりにパーツが詰まっています。 今週末は出張なので、説明書のみ見て、組み立ては次回にします。 早速中を見てみると、 いつものディアゴスティーニの説明書でした。 まあ、当たり前ですけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の79号を作ります。

ついにロビ2もあと2号になりました。 今回は79号を作ります。 今号は「音声認識ボード」の取り付けです。 まず安定させるためにロビには座ってもらいます。 本体中央から出ている音声認識ケーブルを、音声認識ボードの右上のコネクタと接続します。 音声認識ボードを頭部にネジ3本で固定します。 フロントヘッドカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の77号と78号を作ります。

ロビ2もあと少しで完成になります。 今回は77号と78号を作ります。 まずは77号から キューボのmicroSDカードを取り出してロビ2に差し込み動作確認を行います。 動画を撮影してみました。 何の問題も無さそうです! さて77号の組み立てに移ります。 今号は画像処理ボードが付属するので、高額号になっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の75号と76号を作ります。

久しぶりにロビ2の75号と76号を作ります。 まずは75号から ロビの指が届きました。 微妙に違う左右を間違えないように取り付けます。 すねのケーブルが露わになっているところを、 シールを張って隠します。 これで75号は終了です。 次に76号です。 パーツ以外に絵本とシールが付属し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の74号を作ります。

ロビ2の74号を作ります。 今回は1号のみの配布になっています。 74号を作ります。 今号は赤外線リモコンボードの取り付けになります。 一番上のコネクタには右目からのケーブルを、右上のコネクタには口から出ている画像処理ケーブルを、右下のコネクタには後頭部右側から出ているケーブルを差し込みます。 赤外線リモコンボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の72号と73号を作ります。

ロビ2の72号と73号を作ります。 先ずは72号から 今回のパーツは、マイクボードとマイクー音声認識ケーブルです。 この二つのパーツを、フロントヘッドカバーに取り付けます。 72号はコレだけです。 次に73号の工作をします。 今号付属のパーツは、Bluetoothボードです。 左右のバデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の68号から71号まで作ります。

ロビ2の68号から71号まで作ります。 先ずは68号から 今号ではRTC(リアルタイムクロック)ボードを頭部に取り付けます。 前号で用意しておくように言われていたボタン電池「CR1220」です。 この電池はホームセンターには売っていなかった為、Amazonで買いました。 電池をRTCボードに挿入後、画像処理ケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の66号と67号を作ります。

ロビ2の66号と67号を作ります。 まずは66号から 今号にはRobi English Book2が付属しています。 まあキューボが壊れているので、なんの役にも立ちませんが...。 気を取り直して、工作に移ります。 口に画像処理ケーブルを接続します。 ロビの頭の残骸を引っ張り出してきて、 分解します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の62号から65号まで作ります。

今週、66号、67号が届いているので、慌てて62号から65号まで作ります。 キューボのケーブルが切れて、やる気を失いつつあリますが早速作ります。 まずは62号から。 今号は左目の工作です。 放置してあった頭を引っ張り出してきます。 分解して、 左目を取り外します。 黒目の部分を、今号付属のパーツに置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにロビ2の60号と61号を作ります。

地震の後、なんとなく趣味のブログの更新を休んでいましが、北海道も日常に戻ってきているので今日から再開します。 久しぶりにロビ2の60号と61号を作ります。 まずは60号から。 いつもの様にサーボケーブルを接続して、 ID14を書き込みます。 ID14のシールを貼ります。 これで全てのサーボモーターが揃いま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の58号と59号を作ります。

ロビ2の58号と59号を作ります。 まずは58号から。 いつものようにケーブルを接続して、 動作確認してID12を書き込みます。 ID12のシールを貼ります。 ここからサーボモーターをボディ内に取り付けます。 右ボディから出ている首(下)サーボモーターからのサーボケーブルを先程のサーボモーター(ID1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の56号と57号を作ります。

ロビ2の56号と57号を作ります。 まずは56号から マフラーにスイッチを取り付けます。 スイッチカバーを被せて、ネジで固定します。 マフラーの溝にケーブルを沿わせて固定します。 右ボディーにマフラーを取り付ける準備をします。 右ボディーにマフラーから出ているケーブル3本を通します。 結構、狭い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが届いてた!

夏休みが明けて職場に行ったら、これが届いていました! 単身赴任で宅急便が受け取りにくいので、職場で受け取るように設定しているんです。 みにちゅあーとも、数えるのが恐ろしいくらい溜まってしまった...。 後これも届いていました! 時間を作って、レビューします!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の54号と55号を作ります。

ロビ2の54号と55号を作ります。 まずは54号からです。 赤、黄色、シルバーのスピーカーカバーが付属しています。 私は色のカスタマイズはしない予定のので、配布済みの標準色である青を使用します。 スピーカーケーブルを挟み込まないように注意して固定します。 右ボディに差し込みます。 マイコンボードに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の52号と53号を作ります。

ロビ2の52号と53号を作ります。 まずは52号から。 マイコンボードをボディ右に固定します。 右手のケーブルを、RARMと書いてあるコネクタに接続します。 その後に、絶縁テープを貼って終了です。 次に53号です。 今号付属のサーボモーターと、51号付属のサーボケーブルを接続します。 いつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の51号は作らず眺めるだけ! ロビライドって!

ロビ51号を見ていきます。 ロビ51号です。 うん?表紙に何かあるぞ! 一旦、忘れてパーツを見ます。 工作は「マフラーにネックフレームを取り付ける。」です。 ヘッドスタンドを分解しなくてはいけないので、今回の工作はパスします。 で、今号の目玉はパーツではありません! ロビライドの告知がありました! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の50号と51号が届いたけど、50号だけ作ります!

ロビ2の50号と51号が届いたけど、今回は50号だけ作ります! 50号です。 今号でキューボが完成します! パーツはドットコードリーダーです。 3800円といつもよりお高い値段設定になっています! 白い部分でドットコードを読み取ります。 電源ボタンと音量ボタンが付いています。 単4電池2本を入れます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の48号と49号を作ります。

ロビ2の48号と49号を作ります。 まずは48号から 絵本「ロビのぼうけん」です。 完成した暁には、ロビが日本語で、キューボが英語で読んでくれるらしいです。 絵本スタンド(左ページ用)を組み立てます。 おいおい、右スタンドも別の号で組み立てるって事? こんなパーツ一度に配布してくれよ! 次に49号に移り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の46号と47号を作ります。

ロビ2の46号と47号を作ります。 まずは46号から 充電制御ボードに前号で配布された充電プラグケーブルを接続します。 たったこれだけ...。 次に47号に移ります。 キューボの外観の組立になります。 ボトムヘッドカバーに左右のアームジョイントをネジで固定します。 金属のボディジョイント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の44号と45号を作ります。

ロビ2の44号と45号を作ります。 今回から、キューボの製作も始まります。 まずは44号から。 左のボディに左腕を取り付けます。 基本的に前回の42号と同じなので、写真のみをアップします。 ID 19,20,21でそれぞれのサーボモーターが動くことを確認します。 問題無く動きました。 上半身と下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の42号と43号が届いたので、作っちゃいます。

ロビ2の42号と43号が届いたので、作っちゃいます。 まずは42号から 右腕と右ボディを組み合わせます。 サーボモーターにパーツを裏表に気をつけて取り付けます。 右腕からのサーボケーブルを右肩のサーボモーターに接続します。 作業スペースが狭く少し手間取ります。 右肩のサーボモーターをネジで固定し、右上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の40号と41号を作ります。

ロビ2の40号と41号を作ります。 まずは40号から 両足をヒップカバーに取り付けます。 腰フレームにサーボケーブルを通します。 充電ジャックケーブルも通し、右脚のサーボケーブルにテープでマークしておきます。 腰フレームをネジで固定します。 下腹フレームを被せます。 股割りして、ケーブルを溝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の38号と39号が届いたので、作っちゃいます。

ロビ2の38号と39号が届いたので、作っちゃいます。 今回も大した工作量は有りません。 ますは38号から 今号は、左脚の仕上げになります。 これで左脚の完成です! 右腕の後左腕、右脚の後左脚と同じ作業の繰り返しで飽き飽きしていましたが、これで終了です。 ほぼシリーズの半分が終わりました。 残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビ2の36号と37号が届いたので、作っちゃいます。

ロビ2の36号と37号が届いたので、作っちゃいます。 まずは36号から 短い方のサーボケーブルを接続します。 ID 8をいつもの手順で書き込んで、番号シールを貼ります。 左脚ももう少しで終了です。 次に37号です。 長い方のサーボケーブルを接続します。 これまたID 7をいつもの手順…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more