Snapmakerはやっぱり凄い!

各種3Dプリンターで遊んでいますが、やっぱりSnapmakerは凄い事を再認識しました。
それは、Thingiverseのこのギアを印刷してみて、その出来栄えに感動したからです。
画像

フィラメントは、Snapmaker純正のPLAで、Brimあり、サポートあり、標準品質(レイヤー0.15mm)で出力しました。
画像

所要時間は4時間弱です。
早速組み立ててみます。
画像

画像

画像

横のギア2個をフレームに嵌めます。
画像

画像

次に縦のギアを挟みます。
画像

画像

上フレームを乗せます。
画像

シャフトで縦のギアを固定して完成です。
この細いシャフトを出力するのは、3Dプリンターでは大変な事です。
精度の高い3Dプリンターでないと、印刷途中でノズルが当たって倒れてしまい失敗してしまいます。
未だにidbox!では、印刷出来ません。
全て金属製で出来た精度の高いSnapmakerだから出来る技です。
画像

横から見ると、こんな感じです。
動かしている動画もアップしました。
そんな精度の高いSnapmakerですが、近日Snapmaker 2がクラウドファウンディングサイトであるKICKSTARTERで発表されるようです。
恐らく、早く投資すれば定価の半額以下で手に入れられるはずです。
Snapmaker 2は構造上Snapmakerより更に精度が向上するはずです。
気になる方は要チェックです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック